過払いを放置しておくと時効になるので注意

過払いを放置しておくと、時効により回収不能となります。貸金業者は時効に持ち込むことを望んでいるので、過払いに関する連絡をしてくれることはありません。
自分で回収手続きをしないと何も始まらないのです。
WEB上には簡単に過払い金の発生を調べられるツールがあるので、これで概算額を調べてみましょう。

Infoseek ニュースの情報を簡単に探すことができます。

表示される金額は概算ですが、ここで発生していると診断されると、実際の返還請求でも回収できる可能性が高いです。


回収できる可能性があるならば、弁護士に相談してみるメリットは大きいです。

相談料は多くの事務所が無料に設定しており、費用をかけずに調べてもらうことができます。

ローンの契約書類があれば、当時の借入額や金利、返済方法、返済期間などから詳細な金額を算出できます。さらに弁護士側は債権者に対して、5%を上乗せして請求することが多いです。



この5%はいわゆる利息であり、債務者が業者に対して融資をしていた扱いとなります。
そのため、実際にイメージしていたよりも、多くの額が戻ってくることが多いのです。過払いは10年で時効になり、その後は回収する術がなくなります。

プロミスの過払いの情報はココで集まります。

弁護士、司法書士に相談をしてもまったく回収できなくなるので、時効前にアクションを起こしましょう。すでに完済したローンがある方も、契約書類で最終取引日をチェックしてみましょう。

10年未満ならば弁護士に相談すれば、すぐに過払い金請求の手続きに移行できます。


過去に消費者金融を利用していた方は、各社の契約書類や利用履歴などを用意しておきましょう。